お薦め

野菜摂取量は1日350gが目安

現代人は、忙しい。
したがって偏った食生活になりがちです。
疲れていると、ついファーストフード、レトルト食品、コンビニのお弁当に頼ってしまう。
本当は栄養バランスのとれた食事がいいと分かっているんだけど……。

こういった食品には、必要以上の油が使用されていたり、
糖分が含まれていることがあります。
また、インスタント食品は、
野菜が入っていても加工されているため、栄養分が損なわれているのです。

10年前から、すべての年齢層で野菜離れが減ってきていることが、
「2011年国民健康・栄養調査」で明らかになりました。

厚生労働省の国民健康づくり運動「健康日本21」によると、
日本人が摂取するのに望ましいとされる野菜の量は「1日に350g以上」とされています。
これは生野菜で換算すると、手のひら一杯分が100g程になるため、
3食毎回手のひら一杯分の野菜を食べれば不足はないということになります。

普段から野菜を意識して食べている方であれば、
350gというのはそんなに難しい量ではありません。
しかしこの「350g」の目標値に対し、
最近の実績値では「293g」程度の結果にとどまっており、
日本人は平均すると「約57g程度の野菜不足」という状況に陥っています。
こちらに青汁を使った調理方法について詳しく掲載されています。

特に若い世代では野菜不足の傾向が強く、
約250g程しかとれていないのが現状なのです。
お弁当や外食の場合には、
非常に少量の野菜しか入っていないということの方が多いですよね。

また野菜や果物の摂取量が少ないと、生活習慣病の発症リスクが高まることも明らかになっています。
したがって普段から意識して野菜を摂るようにすることが重要となってきます。

そんな時便利になるのが青汁です。
青汁は何種類もの野菜http://www.apopplewell.org/06.htmlを絞り、凝縮して作られています。
だから1日に必要な350 グラムの野菜を手軽に摂取する事ができるのです。
飲むだけじゃない活用術については、こちらのサイトをご覧ください。

忙しくて栄養が偏りがちなんだよね、
そんな悩みを抱えていたら、すぐに青汁を試してみてください。
こちらに詳しく青汁で美容とダイエットについて詳しく掲載されています。