お薦め

ヒアルロン酸と青汁の違い

青汁の原料には「ケール」、「大麦若葉」、「明日葉」など豊富に含まれています。
含まれる栄養成分は食物繊維やビタミン類等が一般的です。

青汁は食物繊維、ビタミンの摂取によって、野菜不足の解消などの働きがあります。
青汁は野菜ジュースの延長線上にあるような健康のための飲料と考えて良いでしょう。
こちらに詳しく青汁について解説されています。

また粉末タイプの青汁の他、冷凍タイプもあり、
現在ではご自身のライフスタイルに合わせて青汁を選ぶことができるようになっています。
粉末タイプとサプリメントの違いについては、こちらのサイトをご覧ください。

また、ヒアルロン酸と言うのは、保水力の高い、体内に沢山存在する多糖類の一種です。
生まれたての赤ちゃんに最も多く、歳をとるごとにその量は減っていきます。
関節の滑らかさや皮膚の弾力性を維持する機能があり、
それが失われると、関節痛が出たり、肌の張りも無くなっていきます。

さてこのヒアルロン酸は「鶏のトサカ」に含まれていたり、
「乳酸菌による生産」で得られる成分です。
女性の美容をサポートする成分として近年注目されています。
また男女を問わず、幅広い年齢層に支持されています。
原料がトサカや乳酸菌であることからも分かるように動物性の成分です。

ヒアルロン酸は動物性ということもあり生産が難しく、価格はやや高めの傾向があります。
似たようなものにグルコサミンやコンドロイチンなどもありますが、
そちらの方はエビ類の殻などが原料になっています。

さて「ヒアルロン酸」と「青汁」の2つの違いですが、
以上のように栄養の面で植物に由来するか、動物性かという部分にありました。
どちらか片方だけを摂取しておけばいいということはなく、
そのどちらも適度に摂取することが健康で若々しく過ごす上で重要になってくるのですね。

また「美容青汁」のように国内産の緑黄色野菜に、
美容成分コラーゲン・ヒアルロン酸・ビタミンCを加えたものもありますので、
必ずしも青汁ではヒアルロン酸を摂取できないわけではありません。

ご自身にあったものを見つけ毎日摂取することで、
バランスのとれた健康な体を作っていくのがオススメです。
青汁の他にも美容に良い、健康食品はたくさんあります。
例えば、ゴマに含まれているセサミンにも、美容に良い成分がたくさん含まれているのでおすすめです。